安全で住み良い街づくりを。

 

株式会社紙谷工務店は、「建築技術を通じて、安全で快適な生活環境を創造し、“地域社会”に貢献します。」
なぜなら、私たちのつくる“建物”は、そこでの生活する人々や仕事、文化の舞台・土台となるからです。
だからこそ、安全で快適な“建物”を創造し続けなければならないのです。これが地域社会への貢献
につながると、私たちは信じています。
 



その使命を果たすために、次の原則を掲げ、実行していきます。
 


 
有効な土地活用をお考えのかたへ
 
 
立地条件に応じた企画。
紙谷工務店がこれまでの経験と実績に基づいて事業収支の試算を行い、事業の計画書により明確に ご説明させていただきます。
 
直営工事だから安心。
どんな工事でも、当社が直接責任施工にあたりますので、安心しておまかせいただけます。
建物完成後のアフターサービスも万全です。
 
建設資金づくりのお手伝い。
確かな事業計画に基づき低金利で長期の公的融資や民間金融機関をご紹介させていただきます。
建設資金の大半は入居時の保証金と借入金でまかないますので、自己資金なしで始められる ケースがほとんどです。
入居者募集もおまかせください。
紙谷工務店独自の広範なネットワークで、優良テナント・入居者の募集及び賃貸借の契約書作成 などのお手伝いをさせていただきます。
土地にアパートやマンションを建て、賃貸住宅として入居者に貸します。
税制面でのメリットが大きく、また、賃貸住宅需要は根強いため、活用方法の主流となっていますが、空室リスクにも配慮が必要です。

 

土地を駐車場として賃貸します。
通常の青空駐車場としてはもちろん、条件によっては多様な設備を備えた立体駐車場やコインパークの運営も有望です。

 

ドクターまたは介護・福祉事業者に一括賃貸する新しいスタイルの土地活用です。
15年、20年といった長期一括での賃貸借契約を結ぶことにより、空室リスクのない長期安定経営が可能となります。

 

アパート・マンションと同様、土地に建物を建てて賃貸しますが、対象は企業や店舗です。
アパート・マンションと比べ、賃料は高くなりますが、建築コストや経営リスクは高くなります。

 

使用目的により期間を設定して土地を貸し、地代は一時方式で受け取る方法や毎月受け取る方法などがあります。
借地契約期間が満了すれば土地は必ず戻ってきますので、所有権を維持したまま、まとまった資金を手に入れることができます。

 


土地を提供します。その土地にデベロッパーが建物を建設します。
お客様は土地を手離す代わりに土地代相当分の建物の一部を取得します。

 

不動産会社と媒介契約を締結し、不動産会社が購入者を探します。そこで見つかった購入者に、土地を売却します。
場合によっては、不動産会社自身が購入者となることもあります。


 

   

Copyright(c) 2014 Kamitani All rights reserved.